株式会社小林運輸

時代の変化に合った物流の創造

HOME > 社会への取組み > 環境への取組み
環境への取組み
環境理念

株式会社小林運輸は、物流サービスを通じ環境に配慮した事業活動を推進し環境推進活動の継続的な改善に努め、豊かな価値の創造と地球との共存を図ることで、持続可能な社会へ貢献する。

基本方針
  • 環境への取り組みを経営の最重要課題の一つに位置付け、環境活動を推進します。
  • 内部環境監査の実施や環境マネジメントシステムのレビューにより、環境経営の継続的な改善を図ります。
  • 事業活動における目標を設定して環境活動を推進します。
  • 環境に関する法規制及び組織が受け入れに同意した顧客要求等を遵守すると共に自主管理基準を遵守し、環境保全に努めます。
基本指針
  1. 輸送効率の向上により地球温暖化対策を推進します。
  2. 包装材使用抑制と包装廃棄物の削減及び再使用を推進します。
  3. 事業所における省エネ活動を推進します。
  4. C02排出量の抑制に取り組みます
  5. 廃棄物の削減並びにリサイクルを推進します。
  6. グリーン調達を推進します。
  7. 従業員並びに関係会社、協力会社の教育・指導を行い、遵法と環境負荷低減を推進します。
  8. この環境方針は、当社で働くすべての人に周知するとともに、一般に公表します。

■グリーン経営認定
2004年7月 取得

グリーン経営認定 2004年7月 取得
エコ活動による燃料使用量の削減

当社は、環境問題への取組の一環として平成14年にデジタルタコグラフを導入しました。導入後、一年間で15%の燃費向上に成功し、年間の燃料使用量約10万リットルの低減に成功しました。以降、毎年目標値を取り決め燃料消費量を低減してきました。

使用燃料削減の推移 H14年度基準